20数年の時を経て、本来の美しさと位置を取り戻した絵画の話

 

 

私の実家には、

 

 

ずいぶん昔から、

 

 

とても素敵で美しい絵がありました。

 

 

でも、そんなに目立たないようなところに

 

 

その絵はずっと置かれておりました。

 

 

 

 

 

私はそのこと自体にはもちろん気が付いていましたが、

 

 

今回実家をリフォームするために荷物をどかすまで、

 

 

たいした関心を払っていませんでした。

 

 

 

 

とっても重たく、大きい、素敵な絵。

 

 

 

 

「この絵どうする?」と母に聞いたところ、

 

 

移動の作業をするとともに、

 

 

その絵がうちにある経緯を話してくれました。

 

 

 

 

 

 

私がまだ1歳くらいの時、

 

 

会社の同僚と出かけた父が、

 

 

どうやら「本物」だという、

 

 

その絵を 衝動買い したらしいのです。(鑑定書あり)

 

 

しかも全く、母に相談なしで。

 

 

 

 

その額、100万円。

 

 

100万円…

 

 

one million…

 

 

 

 

衝動買いの域を大きく超えすぎ。

 

 

もちろんローンです。

 

 

知らんかった…

 

 

完全なる反面教師。

 

 

 

 

 

当時、それを聞いた母、大激怒。(そりゃそうだ)

 

 

 

「〇〇ちゃん(母)のために買ってきたんだよ!」

 

 

 

という、父の愚かな言い訳に、母の怒りはおさまるわけがなく。

 

 

それを聞いた私も「(父が)騙されたんちゃう?」と唖然。

 

 

 

 

 

私がもし、仮に結婚していたとして、

 

自分の夫に同じことをされたら…と考えると、

 

自分の感情を抑える自信がありません。

 

 

 

 

大きくて素敵なその絵は、

 

 

狭い実家には飾るスペースは少なく、

 

 

しかも、かなり重たかったので、

 

 

普通の画びょう程度では到底かけられるものではありませんでした。

 

 

 

 

なので、目立たないところに追いやられる

 

 

その結末しか

 

その絵には待っていませんでした。

 

 

そして、その絵は長年その位置から変わることはありませんでした。

 

(私が目を向けた頃にはすでにほこりまみれ)

 

 

価値を地に落とすとはまさにこのこと。はあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうすんだろな~もったいない」

 

 

 

と思っていたら、

 

 

 

弟(一緒に摂理の教会に通ってる)が、

 

 

 

「この絵、俺の部屋に飾りたいなあ」

 

 

 

と、言い出しました。

 

 

 

父も母も、賛成。

 

 

 

 

 

 

そこで、知恵が浮かんだ私。

 

 

 

 

 

素人では手に負えないほど大きくて重たい絵。

 

 

 

リフォーム終わり際に、現場監督の大工さんに

 

 

「これ壁にかけるにはどうすればいいですか?」

 

 

と相談しました。

 

 

 

そしたら、

 

 

「サービスで壁にかけられるようにして差し上げますよ」

 

 

と。

 

 

(・∀・)!

 

 

完全に善意です。

 

 

(私はあくまで「相談」しただけで、「やってくれ」とは頼んでないヨ)

 

 

 

 

 

 

結局、

 

 

真っ白に生まれ変わった弟の部屋に、

 

 

長年、目立たない場所に追いやられていた、

 

 

大きくて美しい絵が飾られました。

 

 

埃も汚れも、全て綺麗にしたら、

 

 

以前の姿とは見違えました。

 

 

 

 

その様子がこちら。↓

 

 

 

 

横が私の身長(159cm)より少し小さいくらいですかね。たぶん。

 

 

写真だと伝わりづらいですが、かなり良い感じです。

 

 

 

 

弟、大喜び。

 

 

 

「俺の部屋、社長室」

 

 

笑。

 

 

 

 

今回のリフォームで、弟はかなり強力的に動いてくれたので、

 

 

その対価としての、神様からのプレゼントだったのだと思います。

 

 

 

100万円の絵をプレゼントして下さるなんて、

 

 

神様はなんてすごい方なのでしょう。

 

 

 

 

 

20数年経って、

 

 

絵が本来の美しさと、

 

 

あるべき位置を取り戻しました。

 

 

 

 

 

ちなみに、私も実家にあった縮小版(5,000円←笑)の絵をもらったので、

 

 

自分の家に飾りました。↓

 

 

 

 

意外とマッチした。

 

 

 

 

 

 

大変だけど、リフォームって良いですネ。

 

 

古いものを一切葬り、

 

新しくなり、

 

綺麗になり、

 

埋もれていた100万円の物の価値も取り戻せるのですから。

 

 

 

(^ω^)♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

上のふたつの絵…

 

 

 

 

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

 

アメリカのクリスチャン・リース・ラッセンさんの絵。

 

 

イルカや海など、とてもきれいで美しい絵を描かれる方で有名です。

 

 

 

 

 

今回の件で興味が出てきたので、

 

 

今度作品集見てみたいな。

 

 

 

 

 

 

何はともあれ

 

 

リフォーム、頑張って良かったです( 一一)

 

 

 

そしてお金の大切さを再度学び直しました。

 

 

 

感謝しまーす

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします