愛しい街。いきさつの街。永遠な街。

 

今日、用事があり、

約2か月前まで住んでいた街に出かけました。

 

わくわくしながら、緊張もしながら家を出発。

 

 

たった2か月弱だけど、

電車を降りて、久しぶりに踏んだホームが懐かしい。

 

無意識に「ただいま」と心で思いました。

 

4年間も住んでいたから、まだその時の感覚がくっきりと残っています。

 

 

今の家に引っ越した理由は、単に更新の時期だったのと、

母親から「うつ病になってつらかった場所から、心機一転して新しい場所に行ったほうがいいよ」と勧められたからでした。

 

その結果、引っ越して本当に良かったなと思っています。

 

 

だけど今日、久しぶりに以前の街に行くことが決まって、

どんな感情になるかな~?

と思っていたんですけど、

なんだか帰りたくなるような、愛しい気持ちになりました。

 

 

ここでの思い出は、

確かにつらいこともたくさんあったし、

順風満帆ではない瞬間のほうがはるかに多かったと思います。

 

 

だけど、「帰ってきた」と無意識のうちに感じてしまう理由は、

 

きっとつらかった記憶より、神様や大好きな兄弟姉妹たちと過ごした楽しい記憶のほうが、はるかに上回っているからだと思います。

 

 

つらくて動けなかったときも、

食べられなかったときも、

悔しくて泣くしかできなかったときも、

人や環境を通してたくさんの愛を注がれました。

 

大変だったけど少しずつリハビリして、回復して、

大好きなみなとみらいやカフェにも行けるようになって、

とっても元気になって、

今はもう仕事を始める準備をしている。

 

つらかった記憶も含めて、私がこの地で作ったいきさつが詰まった、宝のような場所なんだな。

神様がそのようにしてくださったんだな。

だから愛しいんだな。

 

そんなふうに思いました。

 

 

大学生の頃に所沢に住んでいたのですが、

そこは私が初めて神様に出会い初恋をした場所でした。

本当に大好きで今でも忘れることはできないし、

永遠に特別な場所なんだと思います。

 

 

今は今の生活があるから、

過去のいきさつを愛して、もともと住んでいた街に戻ることはしません。

 

だからこれからは、今の場所を「最高の場所だったな」って、いつか別のところに移るときに思えるように、しっかり生きようと思います。

 

 

 

どれだけつらくても、もうダメだと思っても、

神様の手をつかんであきらめなければ、結局は勝利したことです。

 

希望で満ちた人生にしてくださった神様、鄭明析牧師に心から感謝します(*´ω`*)

 

(今日はめずらしく、信仰の胸の内を綴ってみました)

 

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします