摂理教会の友人を実家に呼んで親に会わせてみた

 

あにょはせよー

 

使っていたPCが故障し、修理に出していたのですが、

今朝購入先の電器屋から電話がかかってきまして。

 

なんとメーカーのご好意で無償で修理してくださることになりました(!)

 

結構な高額になるところだったそうです。

保証期間すぎてるのになあ

神様優しいなあ〜

 

手元に戻ってきたら感謝して使おうと思います。

もう壊れませんように!

 

 

先日、摂理の教会の友人が私の実家に遊びにきました。

 

「教会の友達」と、母にも紹介して会わせました。

 

 

友人を実家に呼ぶのなんていつぶりか…と考えたら、大学1年生ぶり。

でも親は不在で、ただ実家に来ただけ。

親に直接友人を紹介して会わせたのは…覚えていないけど小学生?

 

中学高校は、部活で生徒と親が顔を合わせるのは日常茶飯事だったので、

「一人の友人として」はカウントはしません( -ω-)

 

 

私の実家は横浜市内にあるのですが、はじっこのほうで東京からは遠いです。

 

私は大学も東京でしたし、

大学3年の秋頃から、東京にある摂理の教会に通い始めたのもあって、

友人の割合は地元よりは東京のほうが圧倒的。

 

今でも交流はたくさんあって、良い友人はたくさんいます。

 

「横浜行きたい!」

「今度横浜行くから!」

 

久しぶりに会うと大半の友人はそう言ってくれます。

 

 

「いつ来てくれんのかな〜」

と初めは期待していたわけなんですけど、

 

実際に来てくれる友人はほぼゼロ。

音沙汰なし。

 

 

なので、「横浜行きます詐欺」にもう私は騙されない。引っかからない。

 

みんな、私が東京に来るのをいつまでもダラダラと待っていればいいのさ!!!

 

 

と、今では愛する友人たちに思いを吐き捨てるわけです。

 

 

 

しかし、先日来てくれた東京に住む友人は、

 

「横浜行きたい、行くね」

 

と言ってくれて、

 

私は

 

「うん、来てね〜」

 

と半ば社交辞令化した返事をし、

これまでの事例から、正直期待していなかったわけなのですが、

 

 

マジで来た。

 

私の一人暮らしの家にも。

そして、さらに遠い我が実家にも。

 

 

「私は行きたい時は行くって言うし、行こうと思わない時は言わないよ」

 

そうか、これはある意味日本人に必要な礼儀の一つだな。

 

 

 

遠い東京から電車を乗り継ぎ、実家に来てくれた友人と、

私と、

母。

 

お昼ご飯を食べ、おやつを食べ、おしゃべりして、

 

今、母がハマりにハマっている、

「アイロンビーズ」の作品を3人で作ってみた。

 

私はアクセサリー作りやら裁縫やらは好きなので、

細かい作業は苦手ではないのですが、

 

これは初めてだったこともあり、疲れた。笑

 

 

そして、

 

「お願い、友達の前で変なギャグとか面白くない話とかしないで〜涙」

 

と、随時私を不安にさせ、疲れを増強させる母…

 

もう何をしゃべり出すか分からんからコワイのよ。

何の前触れもなく、いきなりビスケットの歌とか歌い出すし。

やめてくれ。

 

 

でもまあ、私としては良き思い出になりましたとさ。

 

 

せっかくなので、アイロンビーズの作品たちの写真を。

私は 左のうさぎ

友人は 右のコアラと、ライオンのコースター

なかなか可愛い

 

 

「教会の友達、連れてきてもいい?」

 

と聞いて、

 

「いいよ」

 

と言ってくれる親の存在は、有り難いなあと思います。

私や妹、弟のことも、教会に送り出してくれますし。

 

 

親とこうした時間を作れるのも、今しかできないことだと思うので、

 

感謝して今を過ごそうと思います。

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします