承認欲求と人間の幸せ

 

普段、よっぽどのことがない限りしないのですが、

 

先日、怒りを爆発させました。

 

 

束縛とか、

自分の考えを押し付けるとか、

そういう相手を縛る感じのことが大嫌いなので、

私は相手にそのようなことはしません。

 

加えて、自分の感情を揺り動かすのも、本当~に嫌いです。

 

なので基本「そっかー」と割と受け身で話を聞くことが多いのですが…

 

そんな自分の壁を打ち壊す出来事がありました。

 

 

 

ある大学生の女の子とお茶してました。

 

すーごく頑張り屋さんでかわいくて、とても魅力的な子です。

 

 

いろいろ話してたんですけど、

その子が頑張り屋さんなのには、ある理由がありました。

 

 

「人から認められたい」

 

 

いわゆる「承認欲求」を見た目以上に持っている子で、

 

そのために、いろんなことに目を向け、何かと功績を残そうと必死だったのです。

 

 

でもそういう心って多かれ少なかれ誰でもあるし、

むしろ全くないと「大丈夫?」と思うのも事実ではあるのですが。

 

 

しかしその子の場合、

常識的に考えても、正常でない判断をして生きていることが分かりました。

 

大概の人は「それは違う」と言うしかないことでした。

 

 

なので…人のすることに口出ししないと決めている私でしたが、

 

もはや嫌われる覚悟で言いました。

 

 

「世の中を甘く見すぎ。」

 

 

案の定、泣かれてしまいました。汗

 

 

でも目を覚まさないと、その子の人生は終わると思い、

一歩も引かないと決心して、

パシーンと、言葉で頬を叩きました。

 

泣いてしまうくらいだったので、

それなりに衝撃を与えてしまったと思います。

 

 

 

「あなた自身が一番大事なの。

 

何も持っていなくても、

 

誰からも認めてもらえなくても、

 

私はありのままのあなたが好きだし、

 

本当に愛してる。」

 

 

そう伝えたら、

また、泣かれてしまいました…汗

 

 

どんな姿だったとしても、

死なないで、生きていてほしい。

 

大事な人には、誰もがそう思うのではないでしょうか。

 

 

まさかそんな話や言葉が出てくるなんて、少しも考えていなかったけど、

 

でも神様を知らなかったら、私は到底こんなことは言えなかった。

 

言えたとしてもきっと、薄っぺらい、ただの耳障りの良い言葉で終わっていた。

 

 

◆マタイによる福音書 4:4

イエスは答えて言われた、

「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つの言(ことば)で生きるものである。」

 

◆マタイによる福音書 16:27

たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。

また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。

 

 

 

どれだけ世の中で成功した人だったとしても、

自分の価値を本当に分かった人には敵わない。

 

自分の霊を永遠に輝かしく生かすように備えた人の前で、

この世で滅びて終わる財産しか持たない人は、何の力もない。

 

お金、物質、名誉、そのようなものでは本当の幸せは手に入らない。

 

 

自分の生まれた理由は、ただ神様しか知らない。

 

 

本当にそう思います。

 

 

 

 

 

「そのままの私を好きだと言ってくれて、本当に嬉しかったです。」

 

 

そんなLINEが彼女からきて、

 

少しでも神様の愛が伝わっていたらいいな、

 

と思いました。

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします