「うつ病」を知らずに後悔した話 ― 同僚を支えられなかった過去

 

うつ病って、

 

 

本当に偏見が多く、理解をしてもらうのが大変な病気だなと、

 

 

今日いろいろ考えてて思いました。

 

 

 

 

人それぞれ症状も違うし、

 

 

「うつ病」と診断された経緯も違います。

 

 

他の精神疾患に関しても同じです。

 

 

 

 

 

今日は私の経験した話を綴ろうと思います。

 

 

 

 

 

私が以前働いていた会社で、

 

 

確実に心療内科に行くべきだった同僚がいました。

 

 

今だからこそ分かる話。

 

 

 

 

当時、私も彼も営業職でした。

 

 

 

「眠れない」

 

「背中が痛い」

 

「体重がかなり減った」

 

 

 

 

毎晩お酒を飲んで無理矢理寝ていたそうです。

 

 

 

帰りの電車の方面が一緒だったので、

 

 

よく話してくれたんですけど。

 

 

 

 

「本当に大丈夫ですか?」

 

「寝具とか大事ですよ」

 

 

 

私は全く気の利いたことが言えませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

その彼は、ある日から突然、

 

無断欠勤を数日しました。

 

 

 

 

連絡がついて出勤した、その日の午後から、

 

休養のため、しばらく休むと。

 

 

 

 

 

しかし結局、その日以来、

 

 

彼が職場に戻ってくることはありませんでした。

 

 

 

 

「こうやってまた辞めちゃうんだよね~」

 

「あー、人が減って仕事が増える」

 

「結局、会社が嫌になったんだろ」

 

「あいつならやってくれると思ってたのに」

 

 

 

 

そう口にする上司たちを見て、

 

 

「本当にそうなのか?」

 

 

と心の中で思っていました。

 

 

 

 

今の私なら、「それは違う」と

 

 

はっきり言います。

 

 

辞めた彼に対して、前々から何かしらアプローチもしていたと思います。

 

 

 

 

 

何が原因で彼がそうなってしまったのかは、分かりません。

 

 

 

 

 

しかし、日頃からSOSを帰りの電車で発信していた彼に対して、

 

 

気付いていたのにも関わらず何もできなかったことが、

今となっては申し訳ない気持ちで一杯なんです。

 

 

 

 

 

だから「知らない」ことほど

 

 

無念なことはないと痛切に思います。

 

 

それは病気に限らず、何事でもそうです。

 

 

「無知」はこの世で一番恐ろしいものの中の一つだと思います。

 

 

 

 

 

 

しかし人間は学ばないと、

「知っている」人には、なれないので。

 

 

せめてまわりに対して、「気付く人」になりたいです。

 

 

ひとつでも多くの後悔を減らしたい。

 

 

 

 

 

 

 

人は誰でも苦しい道はあえて選びません。

 

 

 

 

しかし、

多くの痛みと苦難を乗り越えてきた人ほど、

内側からあふれ出す優しさは隠せません。

 

 

 

「自分がやられたんだから、

下の人間にも同じ目見せてやる」

 

 

とかいう人も残念ながら世の中にはいるんですけどね。

 

 

人の心を思いやって互いに生きられる社会になってほしいなあ。

 

 

 

 

日々、コメントをくださる方々、

ありがとうございます。

 

 

今日は、顔も知らない私に、

ブログを読んだ感想を、遠方からわざわざご連絡して下さった方がいて、とても嬉しかったです。

 

 

SNSの皆様にも日々支えられ、感謝しています。

 

 

 

 

こんな私ですが、今後もどうそよろしくお願い致します^^

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします