「見える」だけが障害じゃない ― 絶対に知って欲しい【ヘルプマーク】の存在

 

 

(画像は東京都福祉保健局HPより)

 

 

りいです、こんばんは( _´ω`)_ペショ

 

 

みなさんは

 

【ヘルプマーク】

 

ご存知ですか?

 

 

一番上にあげた画像がまさにそれです。

 

 

 

 

私は社会福祉士でありながら、

 

 

恥ずかしいことに、

 

この病気になるまで【ヘルプマーク】の存在を知りませんでした。

 

 

つけている人を見かけたこともありませんでした。

 

 

 

 

◆ヘルプマークとは

 

援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、

 

周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、

 

援助を得やすくなるよう作成されたマーク

 

 

◆対象者

 

義足や人工関節を使用している方、

 

内部障害や難病の方、

 

妊娠初期の方のほか、

 

発達障害、精神障害や知的障害がある方など、

 

外見からは障害の有無がわからない方々。

 

 

◆外見では分からない疾患や障害の例

 

*内部障害

(内部障害について→http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yv4/cnt/f5075/p15107.html

 

*起立性調節障害

 

*慢性疲労症候群

 

 

◆ヘルプマークを付けている人を見かけたら

 

*電車・バスの中で、席を譲る。

 

*駅や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をする。

 

*災害時は、安全に避難するための支援をする。

 

 

(LITALICO 発達ナビ・神奈川県HP参考)

 

 

 

上記、かなり圧縮して記載しました。

 

 

神奈川県HPに詳しく載っているので、

 

お時間がある方は目を通して頂きたいです。

 

 

◆神奈川県HP「ヘルプマークを知っていますか」

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/yv4/cnt/f536306/index.html

 

 

 

 

このヘルプマーク、

 

 

導入している都府県では

 

今は特に特別な申請書などが必要ではなく、

 

窓口で口頭の申し出で配布可能なものです。

 

 

 

実は私も相当悩んだ末、

 

先日ヘルプマークを区役所に受け取りに行ってきました。

 

 

 

私の場合は

 

 

うつ病発症以後、

 

 

徒歩や電車での移動、

 

雑踏での体調の悪化が、あまりに顕著。

 

 

外出するのも、体調の準備と、

 

後に十分な休息が取れる時間が必要だという理由。

 

 

上記の「慢性疲労症候群」に近いかな、と思います。

 

 

 

全身倦怠感、頭痛、気持ちの悪さ、食欲低下、不眠、

 

不思議なことに1年経っても治らずなのです。

 

 

 

 

ほんとに相当悩みました。汗(2度目)

 

 

 

 

ドキドキしながら窓口まで行きました。

 

 

診断書はなかったんですけど、

 

自立支援手帳と受給者証は念のため用意して。

 

 

でも何もなしで受け取れました。

 

 

 

 

SNSでも、

 

私よりも重度の精神疾患でかなり苦しんでいる方を多く拝見するので、

 

その方々にとっては安心の一助になるものだなと思います。

 

 

 

しかし、中には

 

「障害者アピールして甘えんな」

 

と、誹謗中傷を受けて涙を流される方のケースも多々見ます。

 

 

 

 

なんというか、

 

考え方は100人いれば100通りあるのは理解できるんですけど、

 

 

 

障害に関しては、

 

一度自分の脳にその疾患を持って世界を見てほしいと、

 

個人的には感じますね。

 

 

 

 

しかし東京都から始まって、

 

 

そういった目に見えない障害を抱えた人を理解し、

 

この【ヘルプマーク】のような政策に乗り出してくれたことは、

 

非常に有り難いことだと思います。

 

 

あとは普及啓発が進めば、

 

もっと生きやすい世の中に変化していくんじゃないかなって思います。

 

 

 

申請なしで、その場で受け取れるものなので、

 

本当に必要な人の手元にわたっていけたらいいですね。

 

 

 

 

 

「誤解」「無知」は人間関係、人格、

 

結局は自分自身を破壊していく引き金となります。

 

 

 

何事も「知っていくこと」で、

 

全ての人が暮らしやすい世の中になることを願います。

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします