気付いたら適応障害になっていた

自分でもまさかな展開だったのですが、新年早々【適応障害】の診断がおりてしまいました。

正確に言うと、自分を取り巻く環境や自分の状態から、なんとなく分かってはいたのですが。

主治医のところに急遽受診し、状況を話して診断書を書いてもらったという、ざっくり(しすぎ)な経緯。

2週間くらい休みもらいましたが、

もう寝ること以外何もやりたくない(笑)

詳細は省きますが、会社の人はほぼ見方になってくれていたのです。

が、「たった一人」の影響で、とことん苦痛を受けました。

会社の担当の人にはずっと相談はしていたので、いろいろ配慮してくれています。

(というか、内容がえげつないのでわりと大事になっているっぽい。)

思い返せば、前職で休職した時と状況が似ているんですよね。

差別的な発言がなかっただけ今回はマシですが。

「なんで爆弾のような人が自分の前にはこんなにもよく現れるの」と半笑いですが、

こうでもならなければ得られないものがきっとあるんだと思うしかありません。

とりあえず、「早めに相談」「証拠を残す」を実践してよかった。

少ししんどいですが、これまでの療養歴から、精神疾患やら自分の状態やら、なんとなくわかるので大丈夫だとは思っています。

とりあえず、休憩だなー(・ω・)ノ

体調が良いときにまた更新しまーす

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします