どん底を味わった過去を忘れなければ、現在も未来も倒れない

更新に間があきました。

1週間と少し、鹿児島の祖父母の家で過ごしてました。

車がないと生活できず、

固定のWiFiでないとネットが繋がらない山のふもと。

庭では野菜を育てていて、夕飯のスープにしちゃえます。

写真は、私が庭に植えた、唯一徒歩で行ける店で買った花(税込54円)

2018年12月22日の私の状態は

悪い。

なんもしたくねえ

なんも食べたくねえ

な調子。

かれこれ2週間くらいこの状態が続いております。

しかし本当に何もせず何も食べなかったら死んじゃうので、

なんとか味噌汁を作ってすすっている。

うつ病の治療を始めてから、

精神的にも肉体的にもどん底を経験しました。

でも今はその頃に比べたら格段に回復しました。

今、少し安定はしませんが、

自分に何が起こっていて、良くなるには何が必要なのか、

過去のどん底の時期を振り返れば、なんとなく分かります。

それが今と昔の違いだなと思います。

<症状>

倦怠感、呼吸が荒い、気持ちが悪い、食欲がない、活動意欲がない、物事への興味がない

〇治療当初

「やばい、動かないとダメになる、栄養不足かな、どっか行って気分転換しないと、出かけよう、倒れてたら余計に動けなくなる、早く働けるようにならないと、どうしよう、とりあえずずっとやりたかった教会のお仕事しよう、何もできなくて神様ごめんなさい、すぐに良くなると思います、わたし頑張ります。」

結果 ⇒ 悪化して3日間苦痛の中寝たきり→外出不可→実家療養

〇現在

「休むか。あの時と似ている。病的なやつだ。でないと以前の二の舞になる。」

こんな感じです。

正直、今も焦る気持ちは結構ありますが、

あの頃の戸惑いや焦燥感はなく、冷静に自分の状態を把握できるようにはなったと思います。

過去の失敗は学んで生かさなければ、ただの失敗で終わってしまいます。

私を救って元気にしてくれて、愛してくれた、

全ての人と

目には見えない神様に 感謝します。

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします