生きているかぎり希望はある

 

だいぶ久しぶりになりました。

 

2週間ずっと体調を崩しており、とてもPCに向かえる状態ではなかったです。

 

今までずっと飲んでいた夜の薬を中止したのですが、

どうやらその影響が大きかったみたいです。

 

頭痛と耳鳴りと気持ちの悪さが尋常ではありませんでした。

 

あと、普通に風邪もひいて喉がつぶれ、ボコボコでした。汗

 

 

主治医に話したら、中止した薬を再開することになったので、

とりあえず体はたてなおせそうです。

 

 

しかしここ最近は

 

休養1年9か月目に突入するのに、こんな状態が一体いつまで続くんだ…

いつまで体調を言い訳にして過ごさなければならないのか…

 

とか考えて、ずっとイライラしていました。

本当に何もできなくて。

 

誰かに相談しても解決するわけでもないので、終わりの見えない現状と闘うしかありませんでした。

 

不調の原因も明確に分からず、期限も分からない怖さ。

 

「治らないんじゃないか」とも思ったし、全部投げ出してしまいたくなりました。

 

 

でも、どれだけ考えても結局は「最後まで頑張りなさい」という言葉に行きつきます。

 

みんなと同じようにはできないかもしれないけど、

 

できることだってあるし。

 

最後まで頑張らずに精神疾患から抜け出した人はおそらくいません。

 

 

精神疾患を患ったことへの引け目はどうしても消えないのが本音ではありますが、

今まで通りに普通に仕事をしていたら残せなかったことを、

ひとつでも多く残せたら勝ちだと思います。

 

なので、少しずつでも頑張ります。

新しい季節も来ていることですので。

 

では^^

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします