【摂理】とは

 

1978年、韓国の鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師が、

ソウルで御言葉を伝えたことから始まりました。

 

聖書を深く学び、

神様を信じ、愛し、共に生き、

御言葉を実践しながら生活する。

摂理はそんなところです。

 

現在は世界60か国に福音が広まり、多くの教会を持つようになりました。

社会貢献活動も活発に活動しています。

 

正式名称:キリスト教福音宣教会

略称:CGM(Christian Gospel Mission)

通称:摂理

 

 

鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師

1945年3月16日、韓国に生まれる。

日本の統治からの解放、朝鮮戦争(1950年)の影響下で、当時韓国は貧困状態。

彼の故郷、山奥にあるタルバッコル(現:月明洞(ウォルミョンドン))は一層貧困が激しく、

鄭明析牧師は生まれてから何年もの間、飢餓の暮らしをして育ちました。

 

過酷な状況の中、彼は人生の意味を深く考えました。

「なぜ生きるのか」

「死ぬまでこのような苦しい、農業だけをする生活を続けなければならないのか」

「人生とは何なのか」・・・

そんな彼の疑問に前に置かれたのは、家に配られた一冊の聖書。

イエス・キリストの教えと救いに希望を見出し、9歳のときから熱心に教会に通い始めました。

人生の意味とは何か、神様に祈り、たずね求める苦労の生活を続けました。

しかし相変わらず貧困は厳しく、飢えから逃れるために農業に明け暮れる日々。

そのような苦痛の中でも、人生の答えを見つけるため、

彼の祈りと聖書を読み、実践する信仰生活は一層深くなっていきます。

 

21歳のとき、ベトナム戦争へ。

悲惨な戦争の現場で何度も死に直面しながらも、「敵を愛する」イエス・キリストの言葉を実践。

その経験からより一層の命の貴さを知り、語りきれないほど多くのいきさつを残して、2度の出兵を終え帰国します。

 

34歳のとき、ソウルへ上京。

これまでの過酷な人生でイエス・キリストから学んだ教えと救いを人々に伝え続け、今に至ります。

韓国だけではなく、海外の多くの国々にもその教えは広がり、

彼に学ぼうとたくさんの人々が彼のもとへ集まってきています。

神様と人々を愛する心と実践力、数多くの説教は、40年たった今も絶えることなく、

私たちの心に響き渡っています。

 

日々追記中

 

☆もっと詳しく摂理を知る☆

*摂理公式サイト

*摂理コミュニティサイト「出会いと対話」

 

月明洞(ウォルミョンドン)

鄭明析牧師の生まれ故郷。

必ず訪れたい世界一大きな自然の聖殿。

*月明洞 公式サイト

*月明洞 日本語サイト

 

 

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします