相手のせいで自分の人生を終わらせてはいけない

 

今朝の鄭明析牧師の御言葉がとても印象的でした。

 

 

周囲の人から、傷を受けてしまった人に向けてメッセージ。

 

「大丈夫だ、私がいる。神様がいる。」

 

先生の口から出てきた言葉は、

そのようなやわらかいもの

 

…ではありませんでした。

 

 

 

「なんでそんなことで死にますか。

 

なんでもない人に言われたことで死んでしまうんですか。

 

畜生!この野郎!と悪口を言ってでも、

 

死んではいけません。

 

道を外れてはいけません。

 

そうしたら神様はよくやったと言います。

 

自分が死んだら自分だけが損でしょう。」

 

 

朝の私の頭を勢いよく貫く先生の御言葉。

 

最大限、凝縮しましたが、

 

これを聞いた時、みなさんはどのように思いますか?

 

なんだこの言葉遣いは…?!

と思いますか?

 

 

確かに強い言葉ではありますが、

 

傷を受けたとき、そうでもすることが自分を生かすための知恵であり、

 

なんとしてもその人を守りたいという、神様の愛の言葉なのだな。

 

と、私は思いました。

 

 

 

最近、ある牧師さんに、

 

「みんな、傷を受けて相手を苦手と思ってしまうこと、あるのではないでしょうか。

その状態で教会にくるの、つらい人も多いのはないでしょうか。」

 

と話をしたことがあります。

 

それは私自身が少なからずそういう経験があるからです。

 

 

それで、ずっと悶々としていました。

 

「兄弟を愛しなさいというのに、

私はすべての人にそうする強さはありません。

肉体では笑えても、すべて明るみに出る霊の世界で、

同じように笑う自信はありません。

なので、この気持ちをどうしたら良いか分かりません。」

 

そんな祈りを神様にたくさんしました。

 

 

その祈りの答えを、

 

先生が今朝、力強く私に与えてくださいました。

 

誰に何を言われたのだとしても、

心が平穏でなくなり、

言葉を荒らげたとしても、

肉体の命を絶つことはもちろん、

神様を信じ、愛する心を捨てるよりは、

数億倍、絶対に良い。

 

 

だからと言ってやたらと、

 

「畜生!この野郎!」

「あいつはいやなやつだ。大嫌いだ!!!」

 

と、ずーっと攻撃的な姿勢でいるのが正しいというわけではなく、

 

先生がおっしゃるのは、

 

人のせいで自分の最高の人生を奪われるくらいなら、

 

いっそその思いも悪口も「神様に告げて」、

 

歩むべき道を歩みなさい。

 

ということです。

 

 

どんな状況であれ、

御言葉通りに生きて、人としてあるべき姿を忘れなければ、

絶対に神様は報いてくださるのだと思います。

 

 

でも、時には爆弾のように衝撃的に傷を受けて、

 

本当に教会や職場に通えなくなってしまう例もあると思います。

 

「なんで自分の人生が、あの人のために台無しになるんだ!」

 

と、立ち向かい、打ち勝てないほどの悲しみに暮れたとき、

 

正常に生活ができなくなってしまったときは、

 

正式に指導者なり上司なりに通告するべきだと思います。

 

傷を受けた人をそのまま放置する神様ではありません。

 

人を通して適切に処理してくださるはずです。

 

 

 

 

 

人は、相手の心をすべて見えないがゆえに、

 

相手を誤解し、すれ違い、衝突することも時にはあります。

 

摂理にいたとしても、そうでないとしても、

 

私たちは人間なので、完全な存在ではありません。

 

でも、何もかもそれを言い訳にして振る舞うのは間違いで、

 

最大限やわらかく、知恵を持って相手に接して生きるべきです。

 

 

先生の御言葉で解決できないことはないんだな、と感じた1日でした。

>

当サイトに掲示された絵、写真、文章、映像などの著作物一切は信仰、教会の親睦、宣教の目的に創作され、著作権が保護されており、本来の目的以外の用途に使用される場合は、関連法令に抵触する可能性があります。当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・スクリーンショット等の行為は一切なさらないようお願いいたします